外壁塗装や蓄電池の設置は重要|省エネハウスの誕生!

塗装

屋根の工事をしよう

快適に利用する方法とは

作業員

家の老築化に伴い屋根を工事する機会が一度か二度ぐらいはあります。屋根の劣化は雨漏りなどにつながり、できるだけ早急に対処するか、定期的にメンテナンスをして、老築化の防止をするのが快適に住む方法と言えます。 また、屋根には美観の維持という意味でも定期的に工事をしたほうが良いでしょう。 さらに工事では耐震性の問題も重要になってきます。 屋根の種類には昔ながらの瓦やスレートなどの素材、トタンなどの金属製の素材があります。それぞれメリットデメリットはありますが、美観の点では好みが分かれますが、耐震性という意味ではできるだけ軽いものを使用したほうが良いと言われています。この点、スレートやトタンが軽量でよいのですが、トタンは耐熱性が弱いなどの欠点があります。

屋根工事の平均的な価格について

雨漏りについては、いずれも雨漏りの原因になる可能性があります。雨漏りの原因は瓦やスレートがずれてしまったり、トタンに隙間ができてしまったり釘が浮いてしまうことが考えられます。 また、屋根の防水性も重要であることも忘れてはいけません。 工事をする場合は、ズレの修正や隙間を埋める工事、防水加工が必要です。防水加工は樹脂の素材によって変わってきますが、ウレタン塗装は割と価格が安く、30万円ほどが相場となります。これに対してフッ素樹脂系は価格が高く40万円ほどはかかります(足場代含む)。価格の違いは耐久性の違いでウレタンで8年、フッ素で20年の耐久性と言われています。 屋根の取りかえに関しては120万円から200万円ぐらいはかかりますが、一生に一度するかどうかの工事になります。