外壁塗装や蓄電池の設置は重要|省エネハウスの誕生!

塗装

タイミングを考える

家

建物は年月の経過と共に劣化して来ます。その際にはタイミングを見計らってリフォームを行う場合があります。 もしも建物自体が1981年よりも古くに建てられていたものであると、地震に対して旧基準の強度で建てられた可能性もあり、現在では強度不足であることも考えられます。 それらの点が心配である場合には最近は自治体によっては無料で耐震診断を受けることもできるようになって来ています。 リフォームを行う場合は役所への届け出の作業も必要になります。 この際に結果として耐震補強を行う必要があると判断されるとこれを考慮して施工を行うようになります。 最近では内装とは別個に耐震補強を行えるように研究が進んで来ているようです。

耐震補強を行うに当たって考慮すべき技術的な面としては、耐震壁と呼ばれる平面状での縦横方向の壁の量、又は長さを一定量とる必要があり、上下階の壁の位置は一致するのが望ましいものとされます。 ある部分だけ開口部が広い組み込み型の駐車スペースとか、1階部分が柱ばかりで壁がないとかの建物プランは問題がある為に何らかの対策を施す必要があります。 耐震補強として基礎部分は無筋のコンクリートであっても炭素繊維でできたシートを外周に貼ることで強固なものになります。 あるいは基礎の外周にアンカーを取って基礎幅を増し打ちする方法も知られています。 壁の補強方法としては構造用合板や筋違などを増やす方法もありますし、外壁の外側にステンレス製のブレースを設置する方法もあります。 床や天井には火打ち材やブレースを設置したり、柱や梁の接合部は接合金物を取り付けることで補強が行われる場合もあります。 あと制震ダンパーや免震装置を取り付けたり、室内の一部にシェルターを設けたりすることも出来、より安全性が高まります。